トップページ>教えて麻理子先生! みんなの受験相談室
教えて麻理子先生! みんなの受験相談室

麻理子先生

勉強方法や進路など、受験にまつわるお悩みに、
志向館グループの人気講師・三木麻理子先生がおこたえします!
お悩み相談は、以下のメールボタンから受け付けています。
受験生も保護者の方も、メールに必要事項を入力し、
日頃の悩みを相談してみましょう!(無料)


Q1.高2です。夏休みに英語の成績を上げたいのですが、どんな勉強をすれば効果的ですか?
A1 高1,2生の夏は、まず文法をしっかり定着させましょう。
高2生は、文法全体の理解だけでなく、長文の中にでてくる文法や構文も重視して学習を進めなければなりません。
秋以降の模擬試験も、長文や英作文で出題される問題には、文法力・構文力を問う内容がたくさん見受けられます。夏期講習や学校の宿題で、入試問題に頻出する構文や文法の重要事項をふまえた、英文解釈や英作文に取り組んでみてはどうでしょうか。

ちなみに、高1生は学校で習った範囲の復習を完璧にしましょう。
英文法は正しい説明のもとで理解した上で覚えることが大切です。学校の宿題にもたくさん文法問題があるので、しっかりと取り組みましょう。
また、秋以降の範囲の予習も少ししておくと学校が始まってから勉強のスタートがスムーズです。夏期講習では、文法の復習と予習がそれぞれできるので、必要に応じて受講してみてはどうでしょうか。
Q2.中3ですが、夏は暑いので集中して勉強できるか不安です。どうすればよいですか?
A2 受験勉強は夏休みで大きく差がつきます。学校がない分、生活リズムが崩れがちな夏。朝の涼しい時間に勉強する習慣を身につけるのがポイントです。
さらに、時間ばかりかけてだらだら勉強しないことが大切です。普段の学校の授業は45分から50分というのを考えてみると分かると思いますが、集中力が続いて勉強できるのは1時間程度が目安です。1時間に1回は10から20分程度の休憩をはさみ、上手に勉強を進めましょう。
くれぐれも、休憩時間にマンガやテレビをみてしまわないこと。休憩のつもりが気づいたら1時間・・・なんて恐ろしいことになりかねません。休憩時は、脳を活性化させるのには、体を軽くほぐすのがコツ。少し散歩したり、ストレッチするとまた勉強に集中できます。
ちなみに、塾の夏期講習や合宿は朝からあるので、規則正しい生活リズムを取り戻すチャンス。受験生の夏、積極的に参加してみてはどうでしょうか。
Q3. 中1の子供を個別指導塾に通わせていますが、なかなか成績がのびません。
個別指導といっても、3、4人のクラスで行う授業です。家庭教師のように1対1にすべきか、団体で受講する塾にすべきか、選ぶポイントを教えていただけないでしょうか?
金沢市・女子 かいこママ
成績UPのカギは、授業内容の十分な理解と徹底した類題演習です。
十分な理解のために具体的には、
  • ノートの取り方の指導
  • 問題の解答・丸付けで、色の分け方や間違った箇所の直しの指導
が重要です。
きちんと理解しながら、たくさん書いていくことが思考の質を高め、高い学力へとつながっていくのです。習ったばかりの知識は整頓されていない引き出しと同じです。知識を整理して引き出せる状態にするための指導が大切です。
そして、いずれも本人が無意識のうちに行えるよう習慣化するまでしっかりと毎回の授業で指導する必要があります。特に、中学校1年生の段階で習慣化してしまえば、勉強方法が分かっているので、スムーズに取り組めるようになります。
この指導がきちんとできている塾ならば、クラスの人数に関係なく、1ヶ月~3ヶ月で人によって程度の差はありますが、お子様の成績は確実に上がっていきます。
塾の指導をいま一度、見直してみてください。
特に、塾から帰ってきた後のお子様のノートやテキストを見て、不安になられた場合は、他の塾も考えられたほうがよいかもしれません。
徹底した類題演習のためには、
  • 演習の楽しさや達成感を味わえる授業システム・講師であること
  • 講師が生徒の質問や疑問点を見抜いて解説する力があること
が重要です。
理解した知識を引き出すことで記憶の定着につながり、達成感は子どもの学習意欲をより高めます。
この点でオススメなのは、少人数で問題演習を行うシステムを持った塾です。
子どもはみんなと競争して遊び感覚で勉強すると、より楽しく、達成感も得られやすいです。また、このとき講師の質も重要となります。生徒一人ひとりをよく見つめ、そのちょっとした成長にも気がつき、ほめることができる感性を持った講師でなければなりません。
さらに、講師は、質問や疑問点を見抜く力を持っている必要がありますが、
実は意外と、先生「質問はありませんか~?」生徒「ないです。」先生「じゃあ、次いきましょう。」という先生も少なくありません。
これでは、いつまでたってもできない問題はできないまま、あいまいなままになってしまい、本人も不満げであったり、腑に落ちない様子でしょう。
塾から帰ってきたお子様の様子を見てあげてください。疲れていても目がキラキラ輝いていて、本当に楽しかったし充実して勉強できたという表情を見せているかどうか、お母様ならきっと分かるはずです。

以上をふまえまして、指導人数より、指導内容の質、講師の質の高さが選ぶポイントになります。演習に関しては、少人数(1~10名程度)がよいでしょう。
万が一、今のままでは。。。と思っていらっしゃるのであれば、いくつか塾を体験してみてはどうでしょうか?そのときには、必ずどんな学習をしてきたのか、どんな指導をしてもらったのか、ノートを見ながらお子様の話を聞いてあげてくださいね。
Q4. 理系科目がとても苦手で、問題を見ても全く手がつけられません。効率よく勉強したいので、ねばりねばって考えるよりも、てっとりばやく解答を見て理解しようかなと思っていつも勉強しています。全くわからない問題に対しては、どんなふうに勉強すればいいですか?
野々市町・15歳女子 小池
ズバリ!全く手がつけられないのであれば、すぐに解答を見て理解するもしくは先生に教えてもらうことをオススメします。
理系科目(特に数学や物理、化学など)を苦手とする人はたくさんいますが、その人たちに共通している点が
 ① 解法(解き方)をそもそも理解していない
 ② 解法は理解しているが、覚えていない
ことです。
②の段階までクリアしていない=知識として脳に解法の記憶が存在しないといっても過言ではありません。
つまり、苦手な人は皆、いくら頭をひねったところで、知識のストックが無い状態なので無いものを引き出すことはできません。そのため、時間をかけて悩んでいるよりも
 ① 解法を理解して
 ② しっかり暗記する
方がよっぽど価値のある勉強になります。
「理系科目は暗記じゃない」という話も聞きますが、それは間違いです。生物学的な視点から考えると、学問とは、極端な話、脳に記憶があるかどうか、その記憶を引き出せるかどうかだけです。
ただし、わからないものをただやみくもに覚えても意味が無いので特に、理系科目の場合、複雑な解法をまずは理解することがとても重要です。理解が難しいと感じる場合は、すぐに先生に聞きましょう。そして先生の解説も含めてまるごと解法を覚えるようにすると、もっと効率よくできるようになりますよ。
Q5. イイ塾選びのポイントって、ずばりなんですか!?学校では、みんな同じ塾に行っていて、なんとなくその雰囲気に流されて塾を決めようかと思っているのですが、よくわからない。。。
金沢市・16歳女子 ぱみゅ妹
自分にとってイイ塾はみんなが行っている塾ではありません。
例えば化粧品もみんながいいと口コミがあるらしいけど、使ったら肌に合わずニキビが増えた。という悲しい話がありますが、塾も同じです。
イイ塾とはもちろん、成績が上がる塾ですが、それは『自分に合った勉強方法で指導してくれる』塾です。決して、「みんなと一緒だから」を理由に選んではいけません。最近は、どこの塾も無料体験や、体験キャンペーンを行っていますので、それを有効に活用し、必ず体験して自分に合っているかどうか考えた上で、決めるようにしましょう。
塾の体験に参加する際のポイントを参考にしてください。
  • 質問したいことが質問できたか
  • 自習室が使いやすいか①物理的な快適さ(空調完備など)②静かに勉強できるか(しゃべる生徒がいない、いたらすぐに注意される)③1週間いつでも、好きなときに利用できるか
* 受験生の場合、放課後、休日の自習室利用は必須条件です。特に③が実現できるかどうかを必ず確認しましょう。
  • 自習しているときのふとした疑問なども質問できるか
  • 学校の勉強もサポートしてくれるか(塾の宿題や予習ばかりで学校の学習がおろそかになっては、本末転倒です)
  • 家での学習にもアドバイスをしてくれるか(弱点の分析、克服の方法、ノートの取り方の指導等をしてくれること)
  • 最新の入試データと正確な情報で進路指導をきちんとしてくれるか
ぜひ、自分に合った塾を見つけて成績UPにつなげてくださいね。
Q6. 塾の宿題が多すぎる・・・自分にはいっぱいいっぱいです。先生に相談すべきかと思うのですが、なまけてると思われたくない。どうしたらいいですか?
金沢市・16歳女子 ぱみゅ妹
高校生になると、学校の課題も多いため、塾は本来、学校の勉強にプラスアルファのものですので、宿題が多すぎるのは少し問題がありますね。
ただ、そうは言っても塾の先生からみて、「このくらいはできるだろう」もしくは「このくらいはできないといけないだろう」と思う分量の宿題が出ているはずなので、ここは、まず先生ときちんと話をしましょう。
具体的には、
  • 学校の課題を持っていって見せて相談する
  • 志望校と自分の現状を比較した上で、どの程度の学習量が必要なのかを明確にする
  • 宿題ができない原因を一緒に分析してもらい、日々の家庭学習の計画を一緒にたててもらう
きちんと話をすれば、相手は大人なので単にやる気が無い、怠けているなどとは思いません。
そもそも、塾は一人ひとりの力をつけるために懇切丁寧であるべきなのです。特に、学習計画を一緒にたててもらった場合、学習進度のチェックも欠かさずしてもらうようにしましょう。
万が一、「やらない自分が悪い」とひとことで片付けられたり、「学習計画なんて自分でたてて自分でするもんだ」という返事をするような先生の場合は、すぐにでも他の塾を探したほうがよいでしょう。
Q7. 塾をやめたいと言って子どもがききません。確かに、成績は伸びていないけど、色んなお子さんも行かれている塾なのでやめさせるのもどうかと思っています。どうすべきでしょう?
金沢市・42歳女子 ちょこ
お子様が塾をやめたいとおっしゃっているのには、成績以外に何か原因があるはずです。
よく、お子様の話を聞いてあげてください。
というのは、成績が伸びないことの原因は、塾のシステムや先生と生徒自身のマッチングが上手くいっていないことにある可能性があります。塾をやめたいイコール成績が伸びないではなく、塾をやめたいイコール本人に合っていない。そしてその結果、『成績が伸びない』になっているかもしれません。
みんなが行っている塾がご本人にとって成績が伸びる塾であるとは限りません。
最近では、塾も多種多様です。
  • 少人数(1~10名、1~20名が一般的。1クラスの人数が学校より少ない場合を少人数と呼ぶ塾もある。)
  • 個別指導(1対1~1対4程度が一般的。塾によって様々)
  • 映像(DVDなど)
  • eラーンニング(PC)
  • 講義(1~20名、それ以上が一般的。最近ではあまり見かけない。)
など様々です。また、これらを組み合わせて生徒一人ひとりの学習プログラムを組んでいる塾もあります。
お子様と一緒に、合った塾を探してあげてください。そのときは、必ず『体験授業に参加させること』が大切です。体験も、1回のみではあまりよくわかりません。少なくとも1週間は自習室の利用も含めて体験できる塾でないと、結局また「やめたい」といわれかねません。しっかり体験した上で、お子様とよく話し合って決めてくださいね。きっとぴったりの塾がみつかるはずです。
Q8. 数学のおすすめの参考書はありますか?教えてください、まりこ先生!
高校1、2年生の場合、数学の参考書は、基本的には学校で購入したもので十分です。
全国偏差値(高校1、2年なら進研模試が目安)で50前後の場合
  • 『チャート式解法と演習』(通称"黄チャート"数研出版)
  • 『ニューアクションβ』(東京書籍)
がおすすめです。
偏差値60前後の場合
  • 『チャート式基礎からの』(通称"青チャート" 数研出版)
  • 『Focus Gold』(啓林館)
がおすすめです。
いずれも、例題を解くのではなく、その下の練習問題をまずは自力で解いてみる、わからなければ、上の例題を見て解いてみる、それでもわからなければ、解説を読む。その際も、解説を移すのではなく、よく読んで、理解できたら自分で解いてみる。
という流れで取り組みましょう。決して答えを書き写している「書写」にならないように。

受験生の場合
センターのみ数学が必要な人は、まず苦手な単元があるときは、先述の参考書で克服してから、センターの過去問を分野別に10年分ぐらい演習してください。(その際、古いものから解き始めたほうが続きやすい)その後『マーク式総合問題集』(通称"黒本"河合出版)で演習しましょう。後は、12月になれば学校で大量にマーク演習をするので、その復習に専念すれば十分でしょう。
2次試験まで数学が必要な人は、先述のマーク演習と平行しながら、9~11月には2次向けの対策も必要です。基本的には学校で使用している復習用の問題集(ニューグローバル、メジアン、スタンダード数学演習等々)をしっかりやればいいのですが、解説がないとやる気がしない、もっと難しい問題にも取り組みたいといいう人は、
  • 『理系数学の良問プラチカ』(河合出版)
  • 『入試頻出これだけ70』(数研出版)
  • 『1対1対応の演習』(東京出版)
のうちから1冊取り組んで、その後赤本に取り組むことで、応用力がついた段階で入試問題に臨むことができます。
お悩みメールの投稿について(以下の投稿要項に同意された方のみ、お悩みメールを投稿できます)
お悩みメールには、①本名、②ハンドルネーム、③性別、④年齢、⑤お悩みの内容、⑥電話番号を入力ください/メールの送信日から1~2週間で、麻理子先生がサイトでお悩みにこたえます。ただし、企画趣旨にそぐわない内容や誹謗中傷を含んだものなどは、相談を受けられない場合があります/いただいた個人情報は厳正な管理のもと保管し、当企画以外への使用や第三者への譲渡はしません/回答した内容に責任は負いません。あくまでも自己責任で参考にしてください/サイトには、ハンドルネーム、性別、年齢、お悩みの内容のみが掲載されます/お悩みの内容は、一部加筆修正して掲載される場合があります。

三木 麻理子

  • プロフィール
  • 志向館チーフマネージャー 三木 麻理子志向館代表 三木伸夫の長女。金沢大学卒業。
  • 高等学校教諭一種免許状取得。
  • 志向館での指導歴5年。英語・生物ⅠⅡを担当。

  • ふんわりとした癒し系の印象を受けるが、的確なアドバイスで指導してくれる。そんな力強さも持ち合わせているのが魅力。分かりやすい例えで難解な入試問題も理解できるまで、しっかり論理的に教えてくれる。「納得」できる授業が人気の秘密。

  • 志向館グループ
  • 志向館グループ
  • 志向館グループのホームページ >>
  • 志向館グループ インターアクトジュニア
  • 志向館グループ インターアクトジュニア >>